イサキの仕掛けと釣り方





イサキの仕掛け


ライトタックルで竿はオモリ負荷30号の先調子系1.6−1.8mを使います。
リールは剣崎沖や毘沙門沖の浅場ならば手巻きの小型リールがベストです。
カゴはサニービシFL60号です。
テンビンは35−40cmくらい
クッションゴムは1.5mm50cm
仕掛けの全長は3.5mでハリは3本バリ。幹糸、ハリスとも1.5号で枝スの長さは15cmくらいです。
ハリはチヌ1ー2号(クロームメッキなどの白バリが良い)

イサキ釣りの仕掛けはいろいろあり、皆さんもどれが喰いが良いのか迷ってしまうことがあるのではないでしょうか。もちろん潮の濁り加減とか、晴れてるとか曇っているとか、いろいろ条件があります。イサキの仕掛けも奥が深くまだまだ研究すればいろいろな仕掛けが生まれてくる可能性もあります。それほど多様な仕掛けから一般的な仕掛けをいくつか上げてみます。


カラバリにイカ短

この単純な仕掛けが一番当たりはずれが無くオーソドックスな仕掛けです。イサキは白い色を好むのでハリも白にします。これに小さく切ったイカの豆タンを付けます。ここで注意したいのはイカタンを何個も付けてはいけないということです。かえって逆効果でイサキが喰いません。イカタンは米粒くらいの小さめの物を一個付けて下さい。船にはイカ短を用意してありますが制作上大きめな物もありますので、そういう時はハサミで二つに切って使って下さい。


ウィリー仕掛け

次に多いのがウィリーを使った仕掛けです。ウィリーも色が多く淡いブルーやピンク、茶色、緑系などあります。お客様の中にはウィリー専門で良い釣果を上げている方もいらっしゃいましたが、潮色でムラが出る時があります。

夜光パイプ

夜光パイプの仕掛けもハマればハマります。沖の瀬などでは潮が澄んでいてもこれで喰いますが、剣崎沖などでは潮が濁っているときに大釣りした事もありました。ただ細いパイプを切って制作するので切り方が難しい点があげられます。


他の仕掛け


他にもいろいろあります。”カラバリにオキアミ”少しアタリが止まって喰いが渋くなった時とか、大型狙いの時(喰いの悪いときの)などには良いでしょう。”スキン仕掛け”スキンを巻いた仕掛けで喰いが良い時も。他にパール玉とか、いつかはスリッパの白い底を切ってハリに付け竿頭になった人もいました。


いろいろな仕掛けを試してみて、また各種の仕掛けを用意されてみてはいかがでしょうか。



釣り方


イサキ釣りは大概上からタナを取ります。タナは海面からビシまでの深さの事を言います。”イサキ釣りはタナが30cm違っても釣れない”などというのはウソです。だいたいの喰うタナはありますが魚を誘い誘い釣るのがイサキ釣りです。15mで釣っている人もいれば12mで釣っている人もいます。魚は群れていますから、横一直線に並んでいるわけではありません。船頭はおおよそのタナを言いますが、できればお客様の方でタナを探って欲しいのです。喰いが良いときほど上へ上へ上がってきます。剣崎吉野瀬なども普段上から12−15mくらいで釣っている場所でも本当に喰いが良くなれば8m、6mで喰う事もあります。
タナが釣っている人と同じでも釣れない人がいます。自分の撒いたコマセの中に自分の仕掛けが入っていないのです。撒いたコマセの中に仕掛けが入るようイメージしてやってみて下さい。