マダイの仕掛けと釣り方






マダイの仕掛け


竿はオモリ負荷50号のマダイ竿3.3−3.6mくらいを使います。
オモリは80号でサニーカゴのLまでを使って下さい。(他にほぼ同寸法のシャベルビシやステンカンもOKです。)
テンビンは腕長45−55cmくらい
クッションゴムは2mm1m
ハリスは3号前後6−7m
ハリはマダイ針8−9号


以上がだいたい標準の仕掛けですがマダイの魚体や喰い方によりハリスの号数やハリの大きさを替えます。



釣り方


タナの取り方
 タナとはもちろん魚の喰うタナの事ですが、ベテランの釣り師ならばその意味は良く分かると思います。でもタナって?何メートルのタナってどこからどこまで?という方もいらっしゃいます。ビシ釣りのタナというのはズバリ海面から降ろしたビシの深さまでの事です。ハリの先まででもなければ、ましてやハリスの中間でもありません。あくまでもビシまでの水深です。
 タナの取り方には2種類あります。上から取る方法と下から取る方法です。このあたりでは一般的には下から取る方が多いです。上から取る時はのっこみ時期の浅場のマダイを狙うときや沖の瀬なども上から取ります。どちらから取るかは船長が指示します。


下からタナを取って釣るには
 船長が下からハリス分とか下から10mという事もあります。下から10mといったら海底からビシが10m上という事です。タナがピッタリと合っているのに喰わないという事はざらにあります。それはビシ釣りの基本は自分の撒いたコマセの中にエサ(ハリ)を入れるという事です。
 特に大きなマダイほどコマセの煙幕には簡単に入ってこないでしょう。煙幕の中からこぼれ落ちるようなエサを狙い澄まして喰うイメージです。エサを付けたハリは当然重くなりますので置き竿にしておくと下に垂れ下がってしまいます。下に垂れ下がった仕掛けは半分死んだも同然です。その仕掛けにマダイは喰いません。コマセは潮に流されて漂うわけですからそこにエサを入れないといけないのです。
 で、基本的には下からハリス分と言われたら底までビシを落とす。底立ちを取り3mほどリールを巻いてから、竿を大きく振りながらコマセを出します。コマセを何回か振ったらリールを3、4回巻きます。この動作を3回ほど繰り返すとだいたいハリス分には来ます。しばらくアタリを待って来ないようでしたらまた大きく竿を煽ってコマセを撒きます。竿を大きく煽るのはコマセを撒くというよりも下に沈むハリを上に上に持っていって、ハリが上から序々に下に落ちるという動作を演出するためです。コマセはぽろぽろ出るくらいにカゴを調整します。これを数回繰り返したら仕掛けを上げてコマセを詰め替えます。

上から取るには
 船長が上から50mと言ったら指示ダナよりも少し下に降ろし、上記のような動作で指示ダナに持ってきます。潮がかなり速い場合はあまり下に降ろさなくて良いでしょう。

 基本的な説明でしたが後は実戦で経験を積むしかありません。マダイを釣り上げたときの喜びは格別です。いろいろ工夫をして是非マダイを釣って下さい。