ヤリイカの仕掛けと釣り方





ヤリイカの仕掛け

ツノは11cmプラヅノを5−8本つけます。ツノ数は慣れない方は少なめの方が良いでしょう。またナギの日か風の強い日か、あるいは船内が混んでいるかいないかでもツノ数を調整した方が良さそうです。

イカヅノは基本的には棒状のものが良く、色は淡いブルー、蛍光ムラサキが中心的になります。それにピンク、濃いブルー、黄緑、オレンジなどを混ぜます。
潮色が明るめの時は淡い色系が中心で一本か二本濃い色を入れます。潮色が濁るとオレンジや黄緑に結構のったりします。また、おとりツノとして下から二番目くらいに赤白のガス糸巻きスッテヅノ(みさき製FNー7RHなど)を入れておくと非常に効果があります。配色は各自工夫してみて下さい。(イラストの色は参考にしないでください。)

幹糸は4号、ハリスは3号が基本です。ツノとツノの間隔は1.3mくらいが良いでしょう。上下は各1mずつで良いでしょう。ハリスの長さは10ー12cmくらいまでで、あまり長いと幹糸に絡んで効果がありません。ようはツノがブラブラと動けば良いのですから。

オモリは120号を使います。



タックル

竿は電動リールが主体となった今日では一昔前のような7:3の先調子というような竿はあまり見かけなくなりました。全体的に胴の部分にかかってくる調子が多くなっています。長さは2.1−2.7mくらいで釣り方と好みによって選ぶと良いでしょう。

リールはもちろん電動リールでPEライン4−5号が300m巻けるものであれば良いでしょう。中オモリをつけるとしたらあまり重めのものではなく8もんめくらいのもので良いと思います。



釣り方

基本的にはオモリを海底まで降ろし底立ちを取って糸ふけを取り、ベタ底から10mくらいの間をしゃくります。しゃくり方はゆっくりソフトにしゃくります。ヤリイカは身が柔らかいのであまり強くしゃくると足だけがついてくることになります。ノリの悪い時は竿時々を強く振って誘いをかけている人もいます。反応の出方により船長が下底から何メートルというように指示を出します。
120−200mくらいの水深ですとほとんど”かけあがり”の断崖絶壁のような所もあります。そのような所ではイカが中層に浮いていることも多く水深180mで反応が100−160mなどということもあります。そのようなときは船長も指示を出しますが、釣り方は上から100mになったらリールを親指でサミングさせながら降ろし、上から探っていきます。

数を付けるには?

これはなかなか難しいことですが、第一にイカのノリ具合ですね。イカが本当に良くノる時は無条件で数が付きます。後はイカの層に仕掛けがあるときはむやみに速く巻かないことです。ゆっくりばれない程度にあおりながら巻くと良いでしょう。これは周りを見たり、イカのノリ具合を自分で判断してやるしかないでしょう。ノリの悪いときは欲をかいても元も子もなくなってしまいますので。

先シーズンのイカヅノは使える?

これは使わない方が良いでしょう。イカの針はカンナと呼びますが、カンナが錆びていると極端にノリが悪くなります。イカの仕掛けは新しいものほどノリが良いのです。ツノは良く真水で洗えばハリスを代えてシーズン中2−3回は使えます。2段カンナのツノは、ツノの頭が重くなり仕掛けの踊りが悪くなるので1段カンナのツノをお勧めします。